×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブーツについて

 ブーツは冬のファッションだと考えていましたが、最近は春や秋にも着用している女性も多く、又、男性もエンジニアブーツやウエスタンブーツを履いている光景を目にします。ブーツは周囲の環境から身を守るために作られている物が多く、皮やゴムなどの強固な素材を使用して、水や泥、砂がブーツのあいだから浸入しないように設計されています。このような頑丈な設計から一部に、パンクファッションに取り入れられています。

エンジニアブーツ

 エンジニアブーツは、主に労働者が使用する安全靴のことであり、作業用長靴である。ところが、スマップの木村拓哉がファッションとして着用したことで、人気が爆発した。女性用ブーツと違い、ロングブーツではないので、エンジニアブーツが適当な「準ロングブーツ」として用いられていると思われる。さらに、アッパーに起毛素材や高級皮革を使用した、安全靴の域を脱したエンジニアブーツである。また、ライダーがその安全性とファッション性に注目して、乗車するときに履いている者も多い。

靴の特徴としては、靴紐は、作業時に紐にモノを引っ掛ける恐れがあるため、現在は除去されて、代わりにベルトが甲からくるぶしあたりまで付いている。その他の特徴としては、エンジニアブーツ専用のソールを使用している。このソールは油や磨耗には強いが、滑りやすいので、登山には不向きである。

スキーブーツ

スキーブーツは選び方をしっかりしないとだめです。ポイントはサイズです。フィットしたブーツを選ぶポイントをあげてみましょう。

1、足のサイズとかたちを知ることです。サイズを判断する基準はかかとからつま先までの長さです。スキーブーツを選ぶ際には専門店で自分のサイズをしっかりと測ってもらいましょう。

2、ジャストフィットの条件

自分の足とサイズとかたちの合ったブーツを選ぶ条件があります。理想のブーツを作るには次の条件に注意してください。A、足のアウトラインとブーツ内底の輪郭が相似関係に近いほど理想的です。B,小指の付け根部分やかかとのスペースが、足に合っていること。C,大きすぎるブーツは選ばないこと。